2008年03月29日

New Blog

ブログをお引越ししました。新ブログへは以下のURLをクリック☆

http://tomatopasta.blogspot.com/

新装開店、”トマトパスタ”へいらっしゃいませ!
posted by Mariko at 22:47| Comment(1296) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

夜のモール

ショッピングモールの Galleriaに行きました。

買い物、食事、どちらも目的というわけではなく、夜のバスに乗りたい!アドベンチャーしたい!という衝動的な理由で。モールの本屋さんをふらふらしてると、本棚のなかに日本のマンガが並んでいる一帯がありました(笑)なんか異文化のなかに自分が見慣れたものを見ると興奮しますねー。それに、私は一般の人よりは子供時代にマンガを買い集め、読み漁っていたので、「あああ、このマンガも翻訳があるんだーー」って感動が人一倍大きいです。結構どこでも日本のアニメ関連のものは見かけるのですが、「犬夜叉」はどこにでもある気がします。人気なんですねー。あの和装のコスチュームと犬耳が人気の秘密?確かに見た目にかわいいかも。私は途中までしか読んでないですけど。

イースターらしい、手のひらサイズのウサギチョコがあったので買ってもらいました。食べる過程がちょっとかわいそうでした(笑)
posted by Mariko at 04:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

ブロッコリーカレーライス

前回に引き続き、そろそろ日本のごはんが食べたいと思い始めた頃だったのでカレーライスを作りました。

アメリカのスーパーって野菜がすごく安いのはいいんだけど、なんでジャガイモ10個入りとかでしかないんだ。。。使い切る気がしなかったので、ジャガイモの代わりにブロッコリーカレーライスにして食すことに。ジャガイモを抜かれたことにも負けず、やっぱり日本のカレールウで作ったカレーライスはおいしい〜。タイ料理のカレーも大好きなんですけどねー。

そしてさらに、翌日はブロッコリーカレーライスうどんにしました。
posted by Mariko at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

Food Reportage in Cali

After the pressing work until the early February, I'm now in the States. I went to California at the end of last month to do research and visit my friend from highschool.

2月初めまでの怒涛のような忙しさを乗り切って、今はどういうわけかアメリカにいます。先月末にカリフォルニアに行ってきました。研究のためと今はスタンフォードで勉強してる高校のときの友人Rさんに会うためと両方兼ねて。

Sigh... I don't know why I gain weight everytime I come to the States... It 's still only for a month... It remids me of the nightmare of last year... So here is a food reportage in California!

はー、というかなんでアメリカに来ると必ずと言っていいほど太るんでしょう。。。まだ一ヶ月なのに。。。去年の悪夢が蘇る。。。wというわけで(?)、食べ物ルポ、カリフォルニア編。

What I ate during my stay in California is:

-Itarian restaurant: Pizza which dough was quite thin and clispy and meatboll spaghetti. Usually, when I order pizza in Japan, it is too thick like a bread. i don't like it very much. The meatballs were about the size of baseballs. I was overwhelmed and didn't eat it. There were also some plates for meat and vegetable but I already forgot them.

-Subway: Sandwitch stores which exsist all over the States. During my stay for 6 days, I had brunch 4 times at Subway because they are fast, cheap, healthy and different tastes each time.

-Shabuway: Maybe only the place in the States which is a shabushabu restaurant. The Japanese name is "しゃぶ道." Both its naming and taste struck me. It was one of my greatest memory at Stanford. I just wondered if carots were for shabushabu while eating it.

-Boba Tea: Also known as bubble tea and pearl milk tea which have tapiocas. The one I had on the way from Shabuway was best :)

R-san shared foods from a cafeteria of Stanford with me. Well, friquent meals at restaurant are maybe the problem for me...?

カリフォルニア滞在していた五泊六日中に食べたものは以下。

◎イタリアンのレストラン:生地が薄くてパリパリのピザ(なんか、薄い方が断然好き!日本でピザを注文したりすると普通厚い生地のやつだけど、あれはピザっていうよりパン食べてるってかんじで苦手。すぐお腹いっぱいになるし)、野球ボールくらいのミートボールのスパゲッティ(ミートボールに圧倒されて食べなかった、笑)、ほかにも肉のプレートとか野菜のプレートとかあったけどなにかすでに忘れた。。。

◎Subway:アメリカに*どこにでも*あるサンドイッチ屋さん。その場でパンとか具財を選んで作ってもらう。6日間の滞在中、4日間のブランチはSubwayで済ませる。早い、安い、選べるから同じ味を食べなくていい、そこそこにヘルシー等の理由によって。

◎Shabuway:笑。たぶんアメリカにはここしかないしゃぶしゃぶ屋さん。日本語表記は「しゃぶ道」。ネーミングセンスとともに味も私のツボ。スタンフォードの重要な記憶の一つに刻まれることになる。っていうか、しゃぶしゃぶににんじんって入るものだったっけ?と疑問に思いつつもぽりぽり食べる。

◎Boba Tea:別名をBubble Tea、Pearl Milk Tea。あのタピオカが入ってるやつ。Shabuwayの帰りに飲んだやつが今までのボバティーのなかでもいちばん☆

それから、スタンフォードのカフェテリアのごはんをRさんに施していただきました。ええと、やっぱり外食中心なのが問題?
posted by Mariko at 04:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

Go to a Concert

Last week, I went to a charity concert at Tenjin Elgala Hall. Since my teacher couldn't go, I got a ticket from her and went. That was a piano duo of Nobuhito Nakai and his wife, Miwako Takeda.

先週、天神エルガーラ・ホールへ、チャリティーコンサートに行きました。先生が行けなくなったのでチケットを譲ってもらって、行くことに。中井恒仁さんと武田美和子さんという、夫婦のピアノデュオでした。

Click below to see their information.
http://www2.ocn.ne.jp/~nakai.nb/index.html

The concert started with their duo on a piano, and solos for each of them and their duo again on two pianos followed. Chopin's "Fantaisie-Impromptu" which played by Ms. Takeda for her solo was one of my favorite in the pieces of piano. Tchaikovski's "Waltz of the Flowers" played by two pianos and the decorated Chikagai in Tenjin made me feel Christmassy :)

一台のピアノでの連弾に始まり、それぞれのソロ、二台ピアノと続きました。武田さんがソロで弾いてたショパンの『幻想即興曲』は、ピアノ曲のなかでは好きです。ピアノ二台の連弾でチャイコフスキーの『花のワルツ』を聴いて、飾り付けられた天神の地下街を歩いて、ついでにクリスマス気分も盛り上がりました☆

Chopin's "Fantaisie-Impromptu"
http://utaya.jp/tirol/junk/mp3/chopin_op66_1
posted by Mariko at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京へ。

先日、学会の例会に東京まで行って来た。本の著者が三人集まってのシンポジウム的なもので、そのうちの二人は日系アメリカ人史の先生だったので、私の先生が紹介してくださって、ラッキーにも行くことができた。そのなかでも一冊は私の問い方に近いな〜と思って前に読んでた本だったので、またとないチャンスだったのだ。

「アメリカ化運動のときの、それは『国民化』だったのか。『他者化』ではなかったか・・・」

日系移民が、アメリカ市民と認められようと教育を進めるが、結局「アメリカ人」から『他者化』されていく・・・そんな歴史だったんじゃないか。

今回は一日でとんぼ返りしたので、非常にきつかった・・・

お土産に買った「ごまたまご」。美味でした☆↓

071205_0127~02.jpg
posted by Mariko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

The Cats of Mirikitani

jimSt1.jpg

One of my friends recommended me this movie which was a documentary about an Japanese American. His memories of an internment camp and an atomic bomb in Hiroshima linked with 9/11 attack. I felt the past got to be connected much closely with the present.

友達が勧めてくれた映画。
とある日系アメリカ人のドキュメンタリーで、彼の強制収容と広島原爆の記憶、9.11テロがリンクしていて、過去と現在がぐっと引き寄せられた感じにぞくっとしました。

Linda Hattendorf did everything including shooting. Her shooting and expression were quite good :)

Linda Hattendorfさんが、撮影から何から全部やってるんですが、映像の撮り方なんかも、なかなかいいと思いました。
posted by Mariko at 02:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

きょうこのごろ

すっかりなおざりにされていた私のブログ・・・
最近はといえば、珈琲屋さんでアルバイトをしてる。
立ちっぱなしなので、帰宅したときにはくたくたになる。
「四年生のこの忙しい時期に…」と思いは掠めるけど、
その後のために、自分のためにしてることなんだから、と思い直す。
仕事を覚えてくるのと同時に、楽しさも見えてきた。
常連さんやバイトさんたちとのおしゃべりが、卒論で鬱になりそうなときの気分転換になってる。
まだまだ、足をひっぱってばかりなんだけど。はは…

卒論は、といえば、このごろになって漸く先が見えてきた。
何度も序章を書き直して、「ああ、やっぱり初めが肝心」と身に染みた。
先生から章立てにOKがもらえて、全体像が見えてきた。
後は、ひたすら書くのみ。

がんばらねば。
posted by Mariko at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

長崎日帰り旅

CIMG2557.JPG
Dutch Slope オランダ坂

In the twilight of the morning, I went aboard a train of JR and arrived Nagasaki around 8:30 in the morning. I took TOEFL in quite a while... With a feeling of freedom, I decided to go sightseeing in Nagasaki. Since the test center was near Oura Catholic Church and Glover Garden, I visited there.

朝、薄暗い中家を出発してJRに乗り込み、長崎に着いたのは朝の八時半だった。久しぶりのTOEFLです・・・。終わったあとの開放感に満ち溢れながら、長崎をちょっと観光していくことにしました。試験会場が近かったので、大浦天主堂とグラバー園に行ってみました。

CIMG2557.JPG
There was a wedding when I went to the Church. 大浦天主堂では、私が行ったときにちょうど結婚式をしていました。

I went to Glover Garden next. それから、グラバー園へ。

CIMG2622.JPG
Glover's House グラバー邸

CIMG2637.JPG
There was such a cute thing at the exit. 出口にはこんな可愛いものが。

CIMG2644.JPG
Streetcars are running in Nagasaki City. Only 100 yen wherever you go. 長崎は路面電車が走ってます。どこまで行っても100円。

On the way to the station, it started to pour down. The shop where I went into to get out of the rain had lots of cute vidros.
帰り道は突然の土砂降りに遭いました。そのとき雨宿りさせてもらった小さいお店は、可愛いビードロ屋さんでした。

posted by Mariko at 12:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

花寄席

070909_1841~01[1].JPG

Since I used the screen door instead of my windows while I slept, I woke up early in the morning because it was cold. When I realized, an autumn breeze started to blow these days. Finally, it's the time to say good-bye to hot and sticky summer in Fukuoka. I took the picture of the sky in this evening.

窓を網戸にして寝ていたら、朝方寒くて目が覚めた。気づけば秋の風が吹いている今日この頃。漸く、蒸し暑い福岡の夏ともお別れです。写真は今日の夕方の空。

Since it is September now, we had a special tea ceremony called Hanayose for this time. Though my sister did Hanayose last year, it was first time for me. There are several vases on the wall in the tea room, and then the costomers put flowers in a vase in turn. My teacher prepared the flowers which were in bloom in her garden, and we chose and decorated them by each preference. I rather enjoyed it:)

前回に引き続きお茶の話題。九月ということで、今回の茶道は花寄席というものをしました。妹は去年したそうだけど、私は今回が初挑戦。形式は、お茶室に花瓶がいくつも下げてあって、お客さんが順番に花を生けていくというものです。基本的には先生のおうちの庭に咲いている茶花が用意されていて、それぞれの好みで選んで生けます。これ、なかなか楽しかったですかわいい
posted by Mariko at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

朝茶

070901_1055~01[1].JPG

No relation to the title, the picture is from the coffee shop on the way from tea lesson. Though it's coffee which my sister ordered, I had an Indian milk tea. Delicious!!

…というタイトルとは関係なく、写真は茶道の帰りに寄った珈琲屋さんにてです。写真は妹が注文したコーヒーですが、私はインド風ミルクティーを頼みました。美味です☆

Last week we had Asaja, morning tea ceremony. It started at 7:30am and lasted for 4 hours. The ceremony went with a meal, weak tea and then strong tea. The food was all homemade by my teacher and everything including soup and dessert was delicious.

先週は朝茶でした。朝七時半からお茶会が始まって、4時間くらいじっくりかけて、お食事、薄茶、濃茶と会は進みます。私の先生はお料理は全て手作りで、汁物からデザートまでどれも絶品!

I think tea ceremony is an ultimate art of “style.” Each motion has a rule and it’s an art how much you can achieve to imitate completely the traditional “style.” It looks different from the arts which demand creativity like drawings and music. Though it might sound inconsistent, it’s impossible to complete to fit the “style.” To be exact, while you fit the “style,” it accomplishes with your own “style” like smoothness and gracefulness.

茶道って「型」の芸術の極みです。細かい動作の一つ一つまで決まっていて、如何に伝統の「型」に極限まで近づくかの芸術だと思います。絵とか音楽とか、その人の創造性を求められる芸術とは一見異端な感じがします。矛盾するようですが、その「型」に完全に適合するのって不可能です。正確には、その「型」に適合しつつも、微妙な動作にその人だけにできるなめらかさとか、しなやかさとかが出て、完成していくものです。

I’m satisfied with the tea and sweets for the moment:)

ま、今のところはおいしいお茶菓子とお抹茶で満足ですがw
posted by Mariko at 23:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

Tokyo & Tsukuba

CIMG2422.JPG

It has been for two weeks since I got back. During this Tsukuba & Tokyo trip, I had three things which I wanted to do: collecting materials for my graduation thesis, meeting T, and meeting my friends from my high school and my cousin. For an excuse that I didn’t go to Tokyo only for playing with friends, I went to libraries in the daytime to collect materials...

帰ってきてから二週間もたってしまった。今回の筑波&東京一人旅、目的は三つ。1.卒論の史料集め。2.Tに会うこと。3.高校時代の友人たちといとこに会うこと。1は遊びにだけ来たんじゃないぞと心の中で言い訳しようと、昼間は図書館に通って史料集めをしました(笑)。

Tokyo… Last time I set foot here was the school trip when I was in high school. At that time, I didn’t go around by myself but with a person who knew the route, so I wasn’t afraid much the super complicated train route map. But this time I felt like I was searching transferring guide all the time…

東京・・・前回まともにここの地を踏んだのは高校のころの研修旅行。あのときは少ししか自分の足で歩かなかったので(しかも人が一緒だったので)それほどの恐れはなかったけど、電車の路線図ありえない!!!と、目眩を起こしそうでした。毎日乗り換え案内を検索していた気が。

I went to the fireworks near Sumida River. Even though we were involved in waves of people, the fireworks were nice. But I was exhausted from the crowd in Tokyo. I met T in Tsukuba where nothing was there, so I felt relieved!!

アノ隅田川の花火も観に行きました。人の波に流されながらも、花火はやっぱり綺麗☆でも東京は本当に人が多くて疲れた…。Tとあったのは筑波だったので、何もなくて(笑)気が楽でした。

I met people who are very far away or haven’t seen for a while during this Tokyo trip. In the sense of meeting people, that week was great=)

すごく遠くにいるはずの人に会ったり、長く会ってない人に会ったり、なんとも不思議な東京旅行。人に会うという意味で、よい一週間になりました☆
posted by Mariko at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

Hakata Yamakasa

CIMG2194.JPG

I was worried since Fukuoka was within the typhoon's perimeter yesterday. Fortunately, the typhoon has gone and the Oiyama was held. I went to watch this festival for the first time even though I've lived in Fukuoka for 22 years. Since it starts at 5am, I set the alarm for 3 in the morning.

福岡は昨日まで台風に吹かれていたので、どうなることかと思いましたが、ラッキーにも台風は過ぎ去り、無事追い山は行われました。この博多の一大行事、22年間福岡に住んでいながら、実際に観に行ったのは今回が初めてです。というのも、始まるのが早朝5時、そのために3時に目覚まし時計をセットしました。

I'm helping an exchange student from China for the summer cource at my college. Today, I went to see the festival with her.

中国からうちの大学に6週間のサマーコースで来ている女の子のチューターをしています。今日はその子と一緒に観に行きました。

At this early in the morning, such a bunch of people get up just to see the Omikoshi. That made the feeling over the festival run high. Omikoshi is "portable shirine" in English but I guess people cheer for Hakata rather than worship the god.

この時間帯に、こんなに多くの人が起き出して御神輿を眺めるために集まるなんて、普通じゃない感じが祭り感を高めていました。御神輿って英語ではPortable Shrineのようですが(笑)、神様を崇めるためにというよりは、博多(の象徴)の応援に来てるって感じでしょうか。
posted by Mariko at 02:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

Dazaifutenmangu & Kyushu National Museum

CIMG1967.JPG

CIMG1960.JPG

Since my friend visited Fukuoka, I decided to go to Dazaifu Tenmangu, which is the shrine dedicated to Michizane Sugawara, and Kyushu National Museum with her. I visited the shrine after an interval of one year and the museum for the first time. We two enjoyed them fully. There are lots of Japanese style gift shops and confectioneries on the both sides of the street towards the shrine. I’ve always loved them!

福岡に遊びに来てくれた友人とともに、菅原道真が祭られる太宰府天満宮と九州国立博物館に足を運ぶことにした。一年ぶりの天満宮と今回始めての博物館。二人で満喫してきました。天満宮へと続く参道の両脇に立ち並ぶ和風の小物屋さんや食べ物屋さん。これは昔から大好き!

CIMG1989.JPG

There are so long escalator and light-tunnel between Tenmangu and Kyu-haku. When we were looking at a section for Asian traditional culture, called “Ajippa” in the museum, a friendly old curator talked to us and explained the exhibitions a lot. On our way back, we found the green tea-flavored soft ice cream. While eating it, we talked a lot leisurely.

天満宮から九博までは専用の長ーいエスカレーターと光トンネルで繋がっています。
博物館の中の「あじっぱ」なるアジアの伝統文化に親しもうという趣旨のコーナーで展示品を眺めていたら、気さくな係りのおじいさんに話しかけられ、たっぷり説明を受けることになる(笑)帰り道に抹茶ソフトクリームを見つけて二人で食べながら、ゆっくりおしゃべりしました。

She is going back to the US next week. She majored in violin at college and told me that she has to practice for 6 hours a day for auditions next year when she gets back. Though I was disappointed with the gap between the ideal and the reality, I felt the half-day trip with her made me go forward.

その友人は来週にはアメリカに帰る。大学でもバイオリンを専攻していた彼女は来年のオーディションに向けて、帰ってからは毎日六時間練習しなければいけないと話していた。理想と現実のギャップに落ち込んでいたところだったので、彼女との半日旅行は自分を動かし出すきっかけにもなった、そんな気がした。
posted by Mariko at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

Draw to a Close

The semester is about to come to a close.
Only a few days left before the last day of classes!
I have two papers and one final, plus a clarinet performance.

I'll do all I can!!!

ついに最後だ。やれるだけのことはやるぞ〜
posted by Mariko at 06:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

晴れた日の午後に…?

月曜日のお昼、ファイヤーアラームが(また)鳴った。みんな一応外へ出たんだけど、今日のアラームはなかなか鳴り止まなかった。一度止まったのに、すぐにまた二度目。すっかり勉強のジャマをされて、なかなか止まりそうにもなかったのでちょっと近くに散歩へ出かけることにした。…まではよかったのだけど。

近くのHermann Parkへの横断歩道の信号が動いてなかったので、いつもと違う道へ歩き出した私。「1ブロック行って一周すれば戻ってこれるな」と思って歩いていたが、歩けど歩けどキャンパスが見えてこない…。どうも道がそれていたみたいで、キャンパスとは別方向に歩いていたらしい。聞き覚えのある道を勘を頼りに歩いていたら、完全にどこを歩いているかわからなくなって、さてどうしようと思ったところでcollegeに面しているはずの道を発見。歩いて歩いて、キャンパスを出て一時間半、長〜い散歩は終わりましたとさ。

迷う道中すがら、デジカメを持ってないことを後悔するくらい、花や木々が家々の庭でそれぞれ綺麗に咲いていました。ヒューストンはすっかり春模様みたい。

たっぷり気分転換をしたところで勉強、勉強。。。
posted by Mariko at 08:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

=)

贈り物をもらった。

見たいな〜って話してた映画のDVD。

部屋に帰ってきたら机に置いてあって、

サプライズなプレゼントだった。

あったかい気持ちになった:):):)
posted by Mariko at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

Tistou Les Pouces Verts

`Xg@.jpg

This is one of my favorite animation. 「チスト―みどりのおやゆび」is a Franco-Japanese film. The original story "Tistou les pouces verts" was written by French noverist Maurice Druon.

チストのみどりのおやゆびが触れたところからは草花が芽を吹き出す。病気の女の子の病室や刑務所、戦争に行く戦車に花を咲かせる。みどりのおやゆびがあったらいいのにって本気で思ったものだった:P

こんな映画の後はちょっと幸せになる。

参照:http://www.cdist.co.jp/movie/0015.html
posted by Mariko at 07:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

帰国までに

残りジャスト二ヶ月。
今日航空券を予約した。
寮が夏休みで閉まるぎりぎりまでここに残る予定にしている。
やりたいけどまだしてないこと、まだまだやり途中のこと、
やらなきゃ帰れないこと…
あー、たまに押しつぶされそうな気分になる。

ふと不安になる。
日本に帰った途端にここで経験したことがどこか遠い世界で
起こったことみたいになりそう。
思い出よりはこの経験を自分の将来に役立つようにしたい。
先に繋げるためにはもっと努力しなきゃ。

やらずに後悔するよりはやってみて後悔するほうがマシでしょ?
がんばれ、がんばれ。
posted by Mariko at 14:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

こころ

知らなかったのだけど、ゲド戦記の主題歌、「テルーの唄」って萩原朔太郎の詩にインスピレーションを受けて書かれたものらしいです。このもとの詩がとっても綺麗!!不思議、同じ日本語なのになんでこんなに響きかたが違うんだ。


こころ
                 萩原朔太郎

こころをばなににたとへん
こころはあぢさゐの花
ももいろに咲く日はあれど
うすむらさきの思ひ出ばかりはせんなくて。

こころはまた夕闇の園生のふきあげ
音なき音のあゆむひびきに
こころはひとつによりて悲しめども
かなしめどもあるかひなしや
ああこのこころをばなににたとへん。

こころは二人の旅びと
されど道づれのたえて物言ふことなければ
わがこころはいつもかくさびしきなり。

To Read More His Poem[[http://www.aozora.gr.jp/cards/000067/files/1788_18740.html|Click Here]]
posted by Mariko at 04:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。